レビトラについて

レビトラについて

世界的にも話題となったバイアグラの登場。「夢の薬」とまで言われ、EDに悩む多くの男性をサポートしてきました。登場から5年後の2004年に入ってから、さらに男性が扱い易いように改善されたED治療薬が登場しました。それが「レビトラ」です。

ここではこのレビトラについて、詳しく解説していきます。バルデナフィルという成分が含まれる薬になり、10mg・20mgの処方が行われています。バイアグラと同様に保険適用外の治療となるので、薬価は1500~1800円ほどになっています。

バルデナフィルの効果を解説する前に何が改善されたのか、その特徴についてご紹介します。

①即効性

効き始めまでの時間を短縮したことで、直前での服用でも問題ないとされています。ちなみに服用から効き始めまでにかかる時間は、早い人で15分と言われています。

②持続性の延長

②持続性の延長

バイアグラ50mg錠で最大6時間の効き目持続性がありましたが、レビトラは最大10時間の持続性を誇ります。夜に1錠服用すれば、その晩の効き目切れを心配する必要はありません。

③食事

「ED治療薬=空腹での服用」とされてきましたが、からだへの吸収率がUPされているので約700kcalまでの食事であれば効果が食事によって阻害されることはほとんどありません。

これがレビトラの特徴であり、改善された点でもあります。効果ですが、それは従来までと変わることはありません。陰茎海綿体に存在している「PDE-5」という酵素を阻害することで、平滑筋を弛緩して血管を拡張する働きがある「cGMP」の分解を防いでくれます。血管が拡張されることで、ペニスに多くの血液が押し寄せるようになり、硬さや持続力のある勃起状態を起こすことが出来るようになります。

③食事

服用に関しですが、①~③までの特徴からSEXの直前でのでも◎。また食事も少し意識してカロリー控えめな食べ物であれば、そこまで気にする必要はありません。副作用に関しては、ほとんどの人に起こります。
・紅潮
・ほてり
・目の充血
・頭痛
避けようのない副作用症状になりますが、何か重い症状へと発展することはないので心配の必要はありません。効き始めの開始を知らせてくれるサインと考えれば、副作用と上手く付き合っていけるはずです。レビトラは素早い効き目と中時間作用によって、男性の勃起をサポートしてくれるED治療薬となっています。

バイアグラ